便秘解消法 ―薬との付き合い方―

便秘解消法 ―薬との付き合い方―

便秘歴の長い人は、すでに薬も試しているという方がほとんどではないでしょうか?

 

体に良くないとわかっていても、つい便利だから頼ってしまう。すると、次のような副作用が起こってきます。

 

<便秘薬の副作用>

便秘解消法 ―薬との付き合い方―

■飲み続けるうちに身体が慣れてしまい効かなくなる

 常用しているうちに薬が効きにくくなり、さらに強力な薬を求めたり、服用量がどんどん増えてしまいます。

 

■薬を飲まないと、腸が働かなくなる

 薬の成分の助けがないとぜん動運動自体がなくなり、自然排便ができなくなるという事態になることもあります。

 

■はげしい腹痛や嘔吐などの中毒症状が出る

 作用が強くなればなるほど、副作用が出る可能性も高くなります。今まで大丈夫だった薬でも、体の具合いや、またはある日突然副作用に襲われることもあります。

 

<便秘薬との付き合い方>
 便秘の薬は、大きく2つのタイプに分かれます。

 

@刺激性下剤…大腸(一部小腸)のぜん動運動を促すタイプ。市販の便秘薬の多くはこのタイプ。

 

長期間乱用すると、大腸の機能低下を招く恐れが。

 

A機械性下剤…塩類下剤(便の水分が吸収されるのを抑えて便を柔らかくする)、糖類下剤(腸内の水分を増やして便を柔らかくする)膨張性下剤(配合されている成分自体が水分を吸収して便のかさを増す)など。

 

副作用は少ないのでが、持病によって使用できない人がいたり、便秘のタイプによっては逆効果になることもある。

 

ほかに、座薬タイプや漢方薬などもあります。
それぞれに特長があり、ライフスタイルや手軽さなど、その人の便秘の状態やライフスタイルでも、何を選択したらよいかは違ってきます。




迷ったら医師に相談を

このように、便秘の薬は慎重に使用しないと、後々大きな副作用が起こる可能性もあります。軽度の便秘の場合「医者までは」と思いがちですが、早めに消化器内科や内科で相談することをおすすめします。大きな病気が隠れていることもあるからです。

 

 まずは食事やライフスタイルを見直すことで、スッキリ生活が送れるのが理想。お腹のスッキリは、カラダ全体、ひいては生き方のスッキリにもつながります。

 

お医者さんと言えば、ドクターズコスメ、ドクターズサプリなどドクターが処方する健康食品・化粧品もあります!