美肌を作る鍵は腸にある

腸からのスキンケア

「基礎化粧品もちゃんとしたものを付けてるのに・・・・」善玉菌と悪玉菌
「パックとかもちゃんとしてるのに・・・」
「美顔器も使ってるのに・・・」

「イマイチ満足できる肌にならない・・・」

そんな悩みを持ってる方は意外にも多いのでは?
あれもして、これもして、それでもダメなら、身体の中に焦点を当ててみませんか?
上から付けていくのではなく、根本から肌をきれいにしていくには、やはり栄養を吸収していく、腸が「綺麗な腸」でなくてはいけません。
では、綺麗ない腸とはどういう腸なのでしょうか?

お腹の中には善玉菌と悪玉菌がいます。そして、彼らはいつも戦っているのです。

善玉菌とは・・・乳酸菌やビフィズス菌などです。


働き・・・「良い発酵」を促進して、病原菌と闘ったり、身体が健康になっていく為の有益な物質を生み出していきます。
乳酸菌が増えると・・・善玉菌


  • 消化吸収を向上させる
  • 感染を防止してくれる
  • 免疫力UP
  • ビタミンを作ってくれる


悪玉菌とは・・・ウェルシュ菌などです。


働きは・・・腸内でひたすら腐敗という「悪い発酵」を進めて、有害物質を生み出していきます。
悪玉菌が増えると・・・悪玉菌


  • 腸内腐敗
  • 毒素が発生し腸が汚れる
  • 腸の汚れから血液も汚れる
  • 栄養が吸収できず免疫力が落ちる



若さをサポートする乳酸菌

約60兆個の細胞で出来ている私たちの身体。
このうち、約1兆個の細胞が日々入れ替わっていると言われています。
28日の肌サイクル」はご存知の方も多いと思います。
古い細胞が死んで、新しい細胞が生まれる、これを新陳代謝といい、私たちは日々その新陳代謝を繰り返しているのです。
この、細胞を育てる栄養素と酸素は血液によって全身に運ばれるのです。

 

しかし・・・・。

 

悪玉菌が増えて、腸内環境が悪化してしまうと、当然血液も汚れてきます。

汚れた材料で作られる細胞は、体の不調を引き起こし易く、肌荒れの原因にもなってくるのです。

乳酸菌にも相性がある??

私たちは赤ちゃんの時から、お腹に乳酸菌をもっています。
この「オリジナル乳酸菌」には相性があって、相性が悪いものだといくら摂取してもお腹に定着してくれないのです。
そこで、私が気になったのが、「乳酸菌生成エキス」
良く見かけるサプリメントや乳酸菌製品と大きく違うところ。
それは、自分だけのオリジナル乳酸菌を育てて、増やしていってくれることです。
この「乳酸菌生成エキス」について、詳しく知りたい方は、
↓こちらをチェックしてみてください。↓
智通