女性に便秘が多い訳

女性に便秘が多いわけ

女性ホルモンが影響

 

女性に便秘が多い訳

 実は女性は自覚していない人も含めると、半数以上が便秘であると言われています。

 

特に月経の前や妊娠初期にはその傾向が強くなります。

 

 これは、この時期、盛んに分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の仕業。黄体ホルモンが体に水分や塩分をため込むように指示を出すため、大腸の腸壁から便の水分が吸収されてしまい、便が硬くなって出にくくなってしまうのです。

 

 黄体ホルモンは、妊娠すると流産しないように子宮の収縮を抑えるよう働きます。これが、腸を動かす筋肉にも影響すると、腸の動きが鈍ってさらに排便しにくい状態に。
女性はホルモンやなどの影響で、体そのものが便秘になりやすくできているのです。




筋力・行動や習慣も関与

 また、男性に比べ元々の筋力が弱いことにも原因が。腹筋が弱いため、大腸が便を送り出す力も弱くなってしまうのです。元々弱いうえに、女性は年齢ととともにさらに筋力が低下し、中年以降に便秘になる女性も多いのです。

 

 さらに、人目を気にして便意を我慢しトイレに行くタイミングを逃してしまったり、運動不足やダイエットで腸の働きを鈍らせてしまうなど、女性にありがちな行動や生活習慣も、便秘を呼び込んでしまいます。

 

 注意してほしいのは、ひどい月経痛で便秘という方。もしかしたら、子宮内膜症であったり、子宮筋腫や卵巣の病気で腸が圧迫され、便秘になっている場合もあります。
「最近いつもと違う」という人はもちろん、月経に伴う悩みがある方も、一度婦人科での相談をおすすめします。

 

女性に便秘が多い訳

このように「女性ならでは」の理由が加わって、男性よりも圧倒的に悩みを抱える女性が多いのです。
病気の場合を除いて、初期の段階であればその原因に対する適切な対処をして、比較的スムーズに解消することができます。

 

しかし放っておくと、出せない状態が常習化してしまい、なかなか治らなくなってしまいます。そして気がつくと、「一生のお友達」に。

 

でも、諦めないで! 病気が原因でない限り必ず良くなる方法は見つかります。すぐには無理でも、一歩ずつすっきり生活に近づけるはず。さあ、気づいた今が、克服のチャンスです。

 

まずは病気から来るものではないという前提で、自分の便秘がどんなタイプなのかを知るために、症状と原因を見ていきましょう。

 

こわいお腹の世界

女性に便秘が多い訳